付き添い入院・親はどこで寝るの?簡易ベッドはどんな感じ?徹底リサーチ

付き添い入院を控えた親の気になる事と言えば、自分の寝床事情。

簡易ベッドの人から、子供と同じベッドで添い寝する人まで、病院によりさまざまです。

今回は、付き添い入院時の親の寝床事情について、自分の体験や口コミをまとめてみました。

 

この記事でわかる事

付き添い入院時、親はどこで寝るの?

簡易ベッドはどんな感じ?

子供と同じベッドで寝るのはどんな感じ?

用意していった方がいいものはある?

「簡易ベッド」も「子供と同じベッドで添い寝」も経験済みです。
自分の体験から用意した方がいいものもまとめました!

 

 

スポンサーリンク

付き添い入院親の寝床事情を徹底リサーチ(大きく分けて2パターン)

付き添い入院時の親の寝床事情を徹底リサーチしてみました。

調べてみると、大きく2通り。

 

付き添い入院時の親の寝床

1.簡易ベッドで寝る

2.子供と同じベッドで添い寝

 

ちなみに、私は両方体験した事があります。

では順に詳細を見ていきましょう!

 

1.簡易ベッドで寝る

 

これら口コミを見てもわかる通り、簡易ベッドのクオリティは病院によりさまざま。

ほぼ床に寝るようなものあれば、薄いマットが敷かれていて比較的マシなものまであります。

 

また、簡易ベッドを貸してくれる病院の場合、ほとんどの病院で親のベッド代もかかります。

私が入院していた病院では1泊(1回使用)で700円でした

 

親のベッド代をかけたくないという人は、薄いタオルケットを持参して添い寝を希望する人もいるようですね。

 

簡易ベッドまとめ

✔ ベッドのクオリティは病院により差がある

✔ 簡易ベッドで寝る場合は、ほとんどの病院で料金が発生する

✔ 私の場合は1泊700円でした(参考までに)

 

 

2.子供と同じベッドで添い寝

 

もう1つは子供と同じベッドで寝るというもの。

添い寝で寝ている年齢の子にはメリットもあるかもしれませんが、正直親はかなりキツイです。

 

私も以前、子供の鼠経ヘルニアの手術で添い寝入院を経験しましたが、そもそも子供用のベッドなのでだいぶ狭いです。

さらに、掛布団も1つ、枕も1つ。

無理矢理感満載で、親が一緒に寝る事は想定されていないと思った方がいいと思います。

 

点滴などに繋がれている時は、点滴が寝ている自分に絡まないように気をつけなくてはなりません。

この時は2泊3日の付き添い入院でしたが、まったく寝れませんでした。

 

子供のベッドで添い寝まとめ

✔ 1つのベッドで2人で寝るのはかなり狭い

✔ 掛布団も枕も1人分しか用意されていない

✔ タオルケットなどを持参するといいかも

 

 

 

スポンサーリンク

簡易ベッドはどんな感じだった?(体験談)

では、実際に付き添い入院をした時の簡易ベッドレポートをしたいと思います。

まず、案内された入院スペースの隅に、私が寝る簡易ベッドが用意されていました。

 

■折りたたまれている状態

 

■広げるとこんな感じ

 

私が使用していた簡易ベッドは薄いマットレスが付いていたので、まだマシな方だとは思いますが、厚さはこんな感じです。

 

薄いマットの下は硬い鉄パイプなので、あまり寝心地は良くないです。

消灯時間(20時)の15分前くらいにこちらを広げます。

 

■横に並べるとこんな感じ

 

夜中、看護師さんが様子を見に来ることもあるので、隙間はあけなくてはなりません。

うちの子供はいつも添い寝で寝ているため、寝入るまでは子供のベッドに移動して添い寝をしていました。

 

使用した簡易ベッドは、起床の時間(朝7時)になったら折りたたんで部屋の隅に配置します。

日中は邪魔になるので広げたままでいるのはNGです。

簡易ベッドが用意されているからといって、親はゴロゴロしていられるわけではありません。

 

スポンサーリンク

必見!用意しておいたほうがいいものリスト(自分の体験より)

2通りの親の寝床を紹介させてもらいましたが、どうですか?イメージはできましたか?

次にここでは、両方の寝床を経験した私が用意しておいたほうが良いものリストを紹介します。

是非参考にしてみてくださいね!

 

1.簡易ベッド版・用意した方がよいもの

✔ 肩こりグッズ(湿布など)
→簡易ベッドは体中が痛くなる!少しでも緩和できるように

 

✔ スタンドライト・小型の照明
→簡易ベッドの上にはライトは用意されていないよ!コンパクトなものを持っていくべし

 

✔ 延長コード
→どの位置にいても充電しながらスマホをいじれるように

 

 

2.子供と同じベッドで添い寝版・用意した方がよいもの

✔ 枕や掛布団
→病院にもよるけど用意されていない事が多い!

 

✔ 肩こりグッズ(湿布など)
→こちらも体中が痛くなる!少しでも緩和できるように

 

✔ イヤホン
→すぐ隣に子供がいるのでスマホピカピカは起こしてしまうかも…ラジオやYoutubeを聞きながら楽しむのがおすすめ!

 

\付き添い入院!あってよかったまとめてます!/

 

付き添い入院親の寝床事情のまとめ

自分の体験より、付き添い入院時の寝床事情をまとめてみました。

 

この記事のまとめ

① 付き添い入院時の親の寝床は2通り。「子供と同じベッドで添い寝」か「簡易ベッド」か。

② 簡易ベッドのクオリティは病院により差がある。

③ 簡易ベッドを利用する場合は、使用料がかかる事が多い。

④ 子供と添い寝の場合は、親が寝る事を想定されていない感じでかなりキツイ。

⑤ どちらも事前に必要なものを備えて臨みましょう!

 

こんな感じです。

ぶっちゃけ、両方の寝床を経験して思うのは、簡易ベッドの方がだいぶマシ!

子供用ベッドに2人で寝るって無理だよね。
私は添い寝入院の時は、まったく寝れなかったよ~。

 

事前に入院する病院に、親の寝床事情を確認しておくのがいいと思います。

私の経験が参考になれば嬉しいです。

 

 

\入院時の持ち物めちゃくちゃ減るよ!/

 

今回、子供の入院にあたりAmazonプライム会員だった事がかなり役に立ちました。

 

\これらのサービスが30日無料で試せる/

入院にAmazonプライムがおすすめの理由

子供向けの動画が豊富で入院中親子で楽しめる

DVDやおもちゃなどの入院時の持ち物が減る

家から入院に必要なアイテムを素早く揃えられる

配送特典が無料なので躊躇なく利用できる

病院から頼んで家族に持ってきてもらう事も可能

音楽聞き放題・本読み放題サービスもあるため親の暇つぶしにもなる

 

入院準備から退院までの間、本当に大活躍してくれました。

入院直前に必要になったものがあっても、Amazonでポチれば翌日家に届くし、対象エリア内であれば2時間で商品が届くサービスもあります。

 

急な子供の入院って、次から次へと必要なものが出てきていろいろと買いまわるの大変ですよね。

家にいて入院に必要なものが揃うAmazonプライム会員は、本当に「やっててよかった~!」と感じました。

しかも!30日無料お試しキャンペーンもやってるよ!

 

また、Amazonで買った方がその辺で買うより安い商品って多くないですか?

プライム会員であればAmazon対象商品の送料が無料なので、そういった商品も気軽に頼めます!

 

そして何と言っても!一番役に立ったのがプライムビデオ!

入院中は子供と動画を見る機会がとても多いです。

 

DVDを数枚用意して行くくらいなら、断然プライム会員になった方がいいと思います。

荷物も少なく済むし、退屈な入院時間を楽しく過ごせますよ!

 

私たちも、プライムビデオの見放題作品にはかなりお世話になりました。

プライムビデオはキッズ向け動画が充実しています!
■キッズ向け作品

引用:プライムビデオ

これだけあれば、「今日はこれを見よう!次はこれにしよう!」と子供も毎日楽しめます。

私も消灯後は大人向けのドラマや映画を見たり、本読み放題・音楽聞き放題サービスなどを楽しんでいました。

退屈な入院生活だけど、ベッドでまったりと映画をみる時間も悪くなかったですよ!

 

プライム会員は最初の30日間は無料トライアルキャンペーンでお試し可能となっていますが、その後継続する場合の料金は月額と年額から選択できます!

Amazonプライム会員料金
・月額:500円(税込)
・年額:4900円(税込)

年額での契約であれば、ひと月408円ほど!超お得♪

 

子供の急な入院時に、Amazonプライム会員だと超便利です。

気になる人はまずは無料体験からはじめてみてはいかがでしょうか!

 

\まずは30日間無料体験がおすすめ!/

映画・ドラマ・アニメ・Amazonオリジナル作品が見放題
Amazonプライムが30日間の無料トライアルキャンペーン中

引用:Amazonプライム

現在、Amazonプライムでは映画・ドラマ・アニメ・Amazonオリジナル作品が見放題のトライアルキャンペーン実施中!
Amazonプライムを初めてお試しする場合は30日間の料金が無料になりますよ!

 

\まずは30日間無料体験がおすすめ!/

 

プライム会員って何がお得なの?特典の一部を紹介

1.Amazon配送特典が無料

Amazon購入時のさまざまな配送特典が無料に!
・対象商品の配送料が金額にかかわらず無料

・対象商品のお急ぎ便が無料
・重い商品やサイズの大きな商品に追加でかかる手数料が無料
・対象エリア内であれば2時間で商品が届くサービスが無料

 

2.Amazonプライムビデオ

会員対象の映画・ドラマ・アニメ・Amazonオリジナル作品がいつでも見放題

 

3.Amazonプライムリーディング

会員対象のkindleの本や雑誌、漫画などが読み放題
・小説やビジネス書、漫画や雑誌など数百冊が読み放題
・アプリをインストールすれば、スマホ、PC、タブレットなどから使用可能

 

4.Amazonプライムミュージック

プライム会員なら、約200万曲の楽曲やプレイリストが聴き放題
・会員対象の200万曲聞き放題
・広告表示なし
・ネット接続なしで聴けるオフライン再生
・自分の気分や好みに合ったプレイリストが聴ける

 

5.Amazonプライムフォト

Amazonのクラウドドライブに容量無制限・無圧縮で写真の保存が可能
・容量無制限
・無圧縮なので画質がいい
・管理方法が簡単
・家族や友人など5名まで写真を共有できる
・画像以外の動画やPDFは5GBまで

 

6.Amazonプライムファミリー

プライム会員ならオムツが格安で購入できます!
定期便利用であればオムツを15%オフの価格で購入する事も可能!

 

Amazonプライム会員の気になる料金は?

最初の30日間は無料トライアルキャンペーンでお試し可能♪
その後継続する場合の料金は月額と年額から選択できます!

・月額:500円(税込)
・年額:4900円(税込)
年額での契約であれば、ひと月408円ほど!

 

まずは30日の無料トライアルがおすすめ!

Amazonプライムは30日間の無料トライアルキャンペーン実施中!
無料体験であれば気に入らなければ解約すればいいので、気軽に試せますよね♪

これだけのサービス、やって損は無いと思います!我が家もずっと会員ですが解約しようと思った事は一度も無いです♪
気になる方は、是非この機会に試してみてくださいね。

 

\まずは30日間無料体験がおすすめ!/

 

おすすめの記事