付き添い入院・親はどこで寝るの?簡易ベッドはどんな感じ?徹底リサーチ

付き添い入院を控えた親の気になる事と言えば、自分の寝床事情。

簡易ベッドの人から、子供と同じベッドで添い寝する人まで、病院によりさまざまです。

今回は、付き添い入院時の親の寝床事情について、自分の体験や口コミをまとめてみました。

 

この記事でわかる事

・付き添い入院時、親はどこで寝るの?

・簡易ベッドはどんな感じ?

・子供と同じベッドで寝るのはどんな感じ?

・用意していった方がいいものはある?

「簡易ベッド」も「子供と同じベッドで添い寝」も経験済みです。
自分の体験から用意した方がいいものもまとめました!

 

 

スポンサーリンク

付き添い入院親の寝床事情を徹底リサーチ(大きく分けて2パターン)

付き添い入院時の親の寝床事情を徹底リサーチしてみました。

調べてみると、大きく2通り。

 

付き添い入院時の親の寝床

1.簡易ベッドで寝る

2.子供と同じベッドで添い寝

 

ちなみに、私は両方体験した事があります。

では順に詳細を見ていきましょう!

 

1.簡易ベッドで寝る

 

これら口コミを見てもわかる通り、簡易ベッドのクオリティは病院によりさまざま。

ほぼ床に寝るようなものあれば、薄いマットが敷かれていて比較的マシなものまであります。

 

また、簡易ベッドを貸してくれる病院の場合、ほとんどの病院で親のベッド代もかかります。

私が入院していた病院では1泊(1回使用)で700円でした

 

親のベッド代をかけたくないという人は、薄いタオルケットを持参して添い寝を希望する人もいるようですね。

 

簡易ベッドまとめ

・ベッドのクオリティは病院により差がある

・簡易ベッドで寝る場合は、ほとんどの病院で料金が発生する

・私の場合は1泊700円でした(参考までに)

 

 

2.子供と同じベッドで添い寝

 

もう1つは子供と同じベッドで寝るというもの。

添い寝で寝ている年齢の子にはメリットもあるかもしれませんが、正直親はかなりキツイです。

 

私も以前、子供の鼠経ヘルニアの手術で添い寝入院を経験しましたが、そもそも子供用のベッドなのでだいぶ狭いです。

さらに、掛布団も1つ、枕も1つ。

無理矢理感満載で、親が一緒に寝る事は想定されていないと思った方がいいと思います。

 

点滴などに繋がれている時は、点滴が寝ている自分に絡まないように気をつけなくてはなりません。

この時は2泊3日の付き添い入院でしたが、まったく寝れませんでした。

 

添い寝まとめ

・1つのベッドで2人で寝るのはかなり狭い

・掛布団も枕も1人分しか用意されていない

・タオルケットなどを持参するといいかも

 

 

 

スポンサーリンク

簡易ベッドはどんな感じだった?(体験談)

では、実際に付き添い入院をした時の簡易ベッドレポートをしたいと思います。

まず、案内された入院スペースの隅に、私が寝る簡易ベッドが用意されていました。

 

■折りたたまれている状態

 

■広げるとこんな感じ

 

私が使用していた簡易ベッドは薄いマットレスが付いていたので、まだマシな方だとは思いますが、厚さはこんな感じです。

 

薄いマットの下は硬い鉄パイプなので、あまり寝心地は良くないです。

消灯時間(20時)の15分前くらいにこちらを広げます。

 

■横に並べるとこんな感じ

 

夜中、看護師さんが様子を見に来ることもあるので、隙間はあけなくてはなりません。

うちの子供はいつも添い寝で寝ているため、寝入るまでは子供のベッドに移動して添い寝をしていました。

 

使用した簡易ベッドは、起床の時間(朝7時)になったら折りたたんで部屋の隅に配置します。

日中は邪魔になるので広げたままでいるのはNGです。

簡易ベッドが用意されているからといって、親はゴロゴロしていられるわけではありません。
スポンサーリンク

必見!用意しておいたほうがいいものリスト(自分の体験より)

2通りの親の寝床を紹介させてもらいましたが、どうですか?イメージはできましたか?

次にここでは、両方の寝床を経験した私が用意しておいたほうが良いものリストを紹介します。

是非参考にしてみてくださいね!

 

1.簡易ベッド版・用意した方がよいもの

✔ 肩こりグッズ(湿布など)
→簡易ベッドは体中が痛くなる!少しでも緩和できるように

 

✔ スタンドライト・小型の照明
→簡易ベッドの上にはライトは用意されていないよ!コンパクトなものを持っていくべし

 

✔ 延長コード
→どの位置にいても充電しながらスマホをいじれるように

 

 

2.子供と同じベッドで添い寝版・用意した方がよいもの

 

 

付き添い入院親の寝床事情のまとめ

自分の体験より、付き添い入院時の寝床事情をまとめてみました。

 

この記事のまとめ

① 付き添い入院時の親の寝床は2通り。「子供と同じベッドで添い寝」か「簡易ベッド」か。

② 簡易ベッドのクオリティは病院により差がある。

③ 簡易ベッドを利用する場合は、使用料がかかる事が多い。

④ 子供と添い寝の場合は、親が寝る事を想定されていない感じでかなりキツイ。

⑤ どちらも事前に必要なものを備えて臨みましょう!

 

こんな感じです。

ぶっちゃけ、両方の寝床を経験して思うのは、簡易ベッドの方がだいぶマシ!

子供用ベッドに2人で寝るって無理だよね。
私は添い寝入院の時は、まったく寝れなかったよ~。

 

事前に入院する病院に、親の寝床事情を確認しておくのがいいと思います。

私の経験が参考になれば嬉しいです。

 

おすすめ

どうしても付き添いができない場合は、親子で毎日連絡を取り合うのがおすすめ。

スマホを持たない年齢の子供でも、便利ツールやアプリを駆使すれば親子間で連絡を取り合う事が可能なんです。

 

メールや電話はもちろん!ボイスメッセージのやり取りもできるので、読み書きが不安な年齢のお子さんでも簡単に操作ができます。

付き添いをする場合でも、入院中はベッドから離れる事もあるため子供と連絡が取れると何かと便利です。

 

ただでさえ不安な子供の入院。

親子の連絡ツールを確保しておくと、さらに安心できますよ。

 

\毎月の保険料必要以上に高くしていない?/

✔ ずっと前に加入して内容も覚えていない保険を払い続けている

✔ 保険に加入したまま、しばらく内容を見直さずに放置している

✔ 毎月の保険料が高いと感じる

✔ 就職・結婚・出産・マイホームや車購入など最近ライフステージが変わった

 

1つでも当てはまる人は保険の見直しがおすすめ!

家族の備えは確かに必要だけど、必要以上に払い続けているのなら確実に損をしています!!

 

保険を見直すメリットは?

保険を見直すメリット

・自分たちに必要十分な保険内容になる

・不必要な保険を払わなくて済むので節約になる

 

でも、保険の相談っていろいろ面倒くさそう…。

 

「見直したいけど時間がなくてできていない」

「勧誘がしつこそうで相談できずにいる」

 

見直したいけど、いろいろと面倒くさそうで何もできず…。実は、こんな人が多いのでは?

しかし、そんな人にこそおすすめしたいのが「保険見直しラボ」です。

 

保険見直しラボがおすすめの理由

 

1.指定の場所に来てくれる&オンライン相談も可能

どこかに行く必要が無いので、家から出なくても自宅で相談OK。

むしろオンライン相談が可能なので、ちょろっと空いた時間で相談ができる

 

2.無理に契約をしない

「相談したら何か加入しないといけないのかな~?」なんて思いますが、その必要はありません。

保険見直しラボは無理に契約をすすめる事は無いので安心できます。

 

無理に契約をすすめることはありません。
お客さま自身にご納得いただき、ご契約をしていただきたいと考えております。
提案したプランが加入したいと思えるものでなければ、無理に加入する必要はありません。

引用:保険見直しラボHP

さらに、保険見直しラボは「イエローカード制度」があります。

万が一、過度な営業行為や失礼な対応があった場合、コンサルタントの変更ができるのでさらに安心!

 

3.相談は何度でも無料

保険見直しラボは保険会社から手数料を貰って運営しているため、無料で何度も相談できます。

わからない事があればたくさん質問しちゃいましょう!

 

何度でも無料で相談いただけます。
当社は保険代理店のため、保険会社から契約手数料をいただいています。そのため、お客さまから相談料をいただきません。

引用:保険見直しラボHP

\毎月の保険料必要以上に高くし過ぎていない?/

 

相談した人の口コミは?

相談した人の声

毎月の保険料が1万円も安くなった!
子供の教育資金に夫の万が一の備えは充実させたい。でも保険料の負担は減らしたい。無理な相談かなと思っていたのですが、提案いただいた内容はとても納得できて、しかも保険料まで下がって、相談して大満足でした。

引用:保険見直しラボHP

たくさんの人におすすめしたい!
お金に関する知識が豊富でなんでも相談でき、悩んでいる時も、ガツガツした営業をされることもなく、じっくりと検討出来てとても安心しました。
両親も保険を見直すタイミングが来ていたので、すぐに連絡を取り、相談をお願いしました。

引用:保険見直しラボHP

 

相談者の満足度が高い理由は?

保険見直しラボの特徴

・平均12年以上の経験年数を持つベテランコンサルタントが担当

・お客様のアンケートからコンサルタントを点数化

・失礼な対応があれば「イエローカード制度」でコンサルタントを変更可能

・約30種類の保険会社を比較してその人に合った保険をオーダーメイド

 

保険の知識がなくても大丈夫。無理な勧誘も無いし、見直しだけでなく新規加入の相談もできます。

わからないものはプロに相談するのが一番です!

この機会にわからない事をたくさん質問して、毎月かかる保険を安くしちゃいましょう!

 

\必要以上に保証を大きくし過ぎているかも…/

 

\今なら相談するだけでプレゼント/

\相談は無料!無理な勧誘なし!この機会に/

 

スポンサーリンク
おすすめの記事