妊娠中にお寿司が食べたくなったら行ってほしい所!(体験談)

妊婦さん
生ものNGの妊娠中だってお寿司が食べたい~!

 

「妊娠中お寿司はNGって聞くけど、妊婦だってお寿司が食べたい!」

こんな風に思っている妊婦さん多いのではないでしょうか。

 

私は、妊娠中お寿司を食べたくなったらスシローに行っていました。

なぜなら、回転寿司は加熱加工されたネタが豊富にあるため、妊婦でも寿司欲を満たせるから!

 

この記事では

・妊娠中のお寿司には回転寿司がオススメな理由

・妊娠中ってどうしてお寿司はダメなの?

・妊娠中食べてもOKなネタとNGなネタ

 

これらに注目して、自分の体験談や実際のメニューに沿ってご紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

妊娠中お寿司がどうしても食べたかった時はスシローへ(体験談)

私は、妊娠中はお寿司が食べたくなったらスシローへ行っていました。

 

はぁ。もう無理…。
お寿司が食べたい…。

生物はダメだけど、スシローなら加熱されてるものたくさんあるよね。
行ってみる?

 

 

という感じで、妊娠してからずっと我慢していたお寿司ですが、

19週頃耐えられなくなり始めてスシローへ行きました。

 

いざ行ってみると・・・。

 

結構食べられるものあるじゃん!

 

回転寿司ならではの、豊富なオリジナルメニューのお陰で、食べれるものが結構ありました!

 

アナゴだったら煮てるし。エビも茹でてる。納豆も。焼きサバなんてのもある、あんなのもこんなのも。

「わぁー寿司だー(涙)!」

 

このように、妊娠中どうしてもお寿司が食べたくなったら回転寿司がオススメ。

 

回らないお寿司だと、THE王道の生ものお寿司ネタがほとんどですよね。

それとは対照的に、回転寿司にはオリジナルメニューがたくさんあります。

 

そのお陰か、加熱加工されているネタが多く食べられるものがたくさんあるんです!

 

行く前にちらっとチェックしてみてください。

 

スシローのメニューのチェックはこちら

 

スポンサーリンク

なぜ、妊娠中はお寿司を食べてはいけないの?

そもそも、なぜ妊娠中はお寿司を食べてはいけないのでしょうか。

 

魚自体は栄養も豊富ですし、魚に含まれるDHAは赤ちゃんの脳の発達にも良い影響を与え、妊娠中に摂取すると頭が良くなると言われていますよね。

 

ですが、生魚となると以下2つのリスクから食べない方が安全とされています。

●食中毒のリスク
(生魚に潜んでいる細菌やウィルスによるもの)
●水銀を摂取する事によるリスク
(水銀が赤ちゃんへ及ぼす影響)

 

●食中毒のリスク(生魚に潜んでいる細菌やウィルスによるもの)

生魚には食中毒を引き起こす、リステリア菌などの細菌やウィルスが含まれている可能性があります。

これらは、加熱する事で死滅します。

そのため、食中毒のリスクを回避するために生ものを避けましょうと言われているんです。

 

■リステリア食中毒の主な原因食品例

ナチュラルチーズ殺菌加工していないもの
肉や魚のパテ加熱されていないものをペースト状にしたもの
生ハム・レバ刺し十分に加熱されていない肉
スモークサーモン低温で燻製にしたもの

 

●水銀を摂取する事によるリスク(水銀が赤ちゃんへ及ぼす影響)

また、妊娠中に水銀をとりすぎるのも良くないとされています。

理由はおなかの中の赤ちゃんは、お母さんから取り込んだ水銀を外に出す事ができないからと言われています。

お寿司には水銀を含むネタが多いのも、妊婦が食べない方が良いと言われている理由のひとつです。

 

 

■魚介類に含まれる水銀一覧

マグロ0.57ppm
キンメダイ0.49ppm
メカジキ・マカジキ0.81ppm
キハダマグロ・サケ・アジ・サバ・イワシ・サンマ・タイ・ブリ・カツオ・ツナ缶・ビンナガマグロ・メジマグロ・特に注意が必要のない魚

 

スポンサーリンク

食べてもOKのネタ

妊娠中食べてもOKなのは、十分に加熱されているネタです。

スシローのメニューを見ると、加熱処理されていて妊婦さんでも食べらるものが、本当にたくさんあります。

全て紹介しきれないので、王道のお寿司ネタに近いものを中心に紹介して行きますね!

 

●エビ(蒸したもの)

 

●煮アナゴ

 

焼きサバ

 

●たまご

 

シーサラダ(ツナやコーンなどサラダ系)

 

●納豆

 

カルビ焼肉

 

どうですか?

これだけ食べられれば、寿司欲は満たせるのでは?

 

まだまだ加熱されたネタはたくさんあるよ!
メニューもじっくり見てみてくださいね。

 

 

スシローのメニューのチェックはこちら

食べるのをできるだけ控えた方が良いネタ

次に、食べない方が良いとされているネタも一緒に確認していきましょう。

先ほどご説明したように、食中毒のリスクから生もの全般は避けた方が無難です。

その中でも、妊娠中に特に注意が必要なネタを中心にご紹介します。

 

●マグロ(ツナはOK)

・・・水銀量注意のため

 

●キンメダイ

・・水銀量注意のため

 

●マカジキ・メカジキ

・・・水銀量注意のため

 

●生ハム

・・食中毒注意のため

 

●ナチュラルチーズ(殺菌加工していないもの)

・・食中毒注意のため

 

●馬刺し・牛さしなど

・・食中毒注意のため

 

うーん。どれも美味しそうですね。

しかし、これらは妊娠中は注意が必要な食品です。

リスクなく妊娠期間を過ごすためには避けた方が無難ですね。

 

妊婦さん
う~ん!どれも美味しそうだけど、我慢!我慢!

 

お寿司は出産してからのお楽しみに

いかがでしたでしょうか。

 

この記事のまとめ
①妊娠中お寿司が食べたくなったら加熱加工されているネタが豊富な回転寿司に行こう。
    
②妊娠中お寿司は控えてと言われる理由は、生ものによる食中毒のリスクと、摂取する水銀量に注意が必要なため。
    
③食べてもOKなネタは、蒸しエビ、煮アナゴ、焼きサバ、たまご、納豆などの十分に加熱処理されているもの。
    
④食べるのを控えた方が良いネタは、マグロ、キンメダイ、カジキ、生ハム、などの水銀や食中毒リスクが潜むもの。

 

このようになります。

大好きなお寿司を1年も我慢するなんて無理!という方は、さっそくお近くの回転寿司屋に行ってみてくださいね!

大好きなネタは食べられなくても、寿司欲は満たせますよ。

 

健康な赤ちゃんを産んだら、自分へのご褒美で思う存分お寿司を食べてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事