安いけど大丈夫?ルンバi2の口コミ評判を紹介!アイロボット掃除機レビュー

今回はコスパ最強モデルと呼び声の高い「ルンバi2」の口コミや評判についてです。

15万超えの高機能モデルも登場する中、ルンバi2の定価は39,800円ととってもリーズナブル。(2023年4月現在)

・他のモデルと比べて、どうしてそんなに安いの…?

・安いから機能が少ない…?

・実際に購入した人はなんて言ってる…?

と、あまり安さで気になるところですよね。

という事で今回は、ルンバi2の悪い口コミ、良い口コミ、機能や特徴、i2がオススメの人はどんな人?と、気になるポイントを全てまとめてみました。

是非参考にしてみてくださいね!

アイロボット(IRobot)
¥22,800 (2024/05/13 02:40時点 | Amazon調べ)

スポンサーリンク

【悪い口コミ評判】ルンバi2/アイロボット

・進入禁止エリアを指定できない

・ゴミを溜める容器が小さい

・Wi-Fiがないと機能を使えない

進入禁止エリアを指定できない

●吸引力は文句無しなのですが、ペットの水はひっくり返してしまうし、カーペットはめくりあげてしまう。
進入禁止エリアを設定できないのは、思ってた以上に不便です。

●バーチャウォールが無いと進入禁止エリアを指定できない。
しかも、i2はバーチャウォール別売りで結構高い。

●床に物があるとバンバンぶつかるので、片付けてからでないと使えませんね。

ゴミを溜める容器が小さい

●ダスト容器が小さい。
さらに蓋も小さいため、ゴミが捨てにくいです。

●ダストボックスがすぐ一杯にになります。
2~3回利用毎に空にするよう心がける必要があります。

Wi-Fiがないと機能を使えない

● 初期設定にWi-Fiが必要です。
作動はしますが、便利な機能は一切使えないため、Wi-Fi環境のない家だと宝の持ち腐れになります。

● アパートのWi-Fiがセキュリティレベルの高いものなので、スマホに対応していません。そのため、スマホからの操作ができず、手動のみの操作となっていてとても不便です。
Wi-Fiが無いと操作できないと確認せずに購入した私が馬鹿だったのか…。

「i2」はマッピング機能が無いため、進入禁止エリアを指定できません。

公式の方でも、部屋を片付けた状態(床に物がない状態)での清掃をおすすめしています。

ペットの水飲み場や赤ちゃんがいるスペース、キッチンなど、どうしても入ってほしくない場所が決まっている場合は、バーチャウォールで進入を防ぐ事もできますが、別売りです。

お値段も6千円~8千円ほどと決して安くは無いため、進入禁止エリアを設定したい人は前面カメラ搭載のj7シリーズがおすすめ。

また、「ルンバi2」は自動ゴミ収集機能付き充電器の「クリーンベース」付属のモデルでもないため、ゴミ捨てを頻繁にする必要があります。

2~3回に一度のゴミ捨てが苦ではないのなら問題はありませんが、完全にゴミ捨てから解放されたい場合は、型式の後に「+」のついたモデルを購入するのがおすすめです。

「+」がついているモデルは、自動ゴミ収集機能が搭載されているものです。

これら各ルンバの違いや特徴については、以下の記事をチェックしてみてください!

\ルンバの違いをわかりやすくシンプルに比較/

「i2」は、Wi-Fi環境が整っている事が絶対条件。
その他、床に物がない状態にしてからルンバをかける事や、2~3回に一度のゴミ捨てが苦ではないのであれば問題ありません。

スポンサーリンク

【良い口コミ評判】ルンバi2/アイロボット

・吸引力が強くゴミがよく取れる

・コスパ最強

・多機能で十分賢い

吸引力が強くゴミがよく取れる

●毎日かけていますが、どこにこんなに埃があったの?!とビックリするほどよく吸ってくれています。

●自分だと掃除をしずらい、ソファの下や部屋の隅や角などをしっかりとキレイに掃除してくれています。
ペットがいるので大助かりです。

●600シリーズからの買い替えですが、吸引力が全然違います。
前に使用していたものは埃っぽさが残る時もあり、2度掛けをする日もありましたが、i2は1回でスッキリ綺麗になっています。

コスパ最強

● 勝手に掃除はもちろん、勝手に充電器に戻るし、掃除途中の時は充電後、掃除を再開する。
初ルンバですが大変便利で感謝感激です。低価格のモデルですがかなりの優れものです。

●コスパ最強です!ソファやベッドの下まで部屋の隅々を綺麗にしてくれます。
手動で掃除機をかけるよりも綺麗になるし、掃除機を購入するのと値段も変わらないのでおすすめです。

多機能で十分賢い

●スマホとの連携で外出先からも操作ができて便利です。

●以前は600モデルを使用していましたが、賢くなっています。
搭載されたシステムが効率的なルートで掃除をしてくれるため、以前の半分の時間で掃除が終わります。

●敷居を越えて掃除をしてくれています。
いびつな形の間取りですが、毎回ほぼ完ぺきに掃除をしてくれています。

「i2」は、ルンバのベーシックなモデルである600シリーズと比べて、吸引力が10倍になりました。

そのため、買い替えた人の口コミからは、吸引力を褒める声が多く挙がっていました。

また、i2はコスパ最強モデルとしても知られています。

掃除機を購入するのと変わらないような価格で、ルンバをゲットできるため、「とりあえずルンバのある生活を送ってみたい!」と、デビューしたい人にも向いています。

先に悪い口コミいくつか紹介しましたが、リアルな口コミは良い評価がほとんどです。

利用者のレビューが知りたい方は以下よりチェックしてみてください。

\リアルな口コミをチェックしたい人は/

アイロボット(IRobot)
¥22,800 (2024/05/13 02:40時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

ルンバi2ってどんな機種?機能や特徴を紹介!

アイロボット(IRobot)
¥22,800 (2024/05/13 02:40時点 | Amazon調べ)

機能

・600シリーズと比べて吸引力10倍

・2本のデュアルアクションブラシで清掃力UP

・自動充電&再開機能で充電切れ知らず

・アプリとの連携でさらに便利

・ゴミや汚れが多い場所を感知し、綺麗になるまで集中的に清掃

・ラグや敷居を乗り越える

価格は安いのに機能もバッチリ!コスパ最強モデルです。

おすすめ機能①:600シリーズと比べて吸引力10倍

どんな機能?

・ルンバのベーシックな600シリーズと比較して吸引力は10倍

・微細なハウスダストまでパワフルに吸引

・ダストカットフィルターで見えないアレルゲンも99%捕らえる

おすすめ機能②:2本のデュアルアクションブラシ

引用:ルンバ公式

どんな機能?

・他社製品には無いルンバ独自の2本のゴム製ブラシ

・1本目のブラシがゴミを掻き出し、逆回転をする2本目のブラシでゴミを取り除く

・ペットの毛や髪の毛などが絡まりにくく手入れが簡単

おすすめ機能③:自動充電&再開機能で充電切れ知らず

引用:ルンバ公式

どんな機能?

・ナビシステムにより短時間で効率的に清掃

・途中で充電が少なくなると、自動で充電器に戻り充電

・充電後、中断したところから清掃を開始

おすすめ機能④:アプリとの連携でさらに便利

\外出先から掃除開始/


どんな機能?

・ユーザーの清掃習慣を学習して、ライフスタイルに合わせた清掃スケジュールを提案

・外出先から掃除開始、終了をアプリより操作可能

・スケジュール設定で自動掃除開始

コスパ最強モデル!「ルンバi2」の口コミ評判のまとめ

この記事のまとめ

悪い口コミ

・進入禁止エリアを指定できない

・ゴミを溜める容器が小さい

・Wi-Fiがないと機能を使えない

良い口コミ

・吸引力が強くゴミがよく取れる

・コスパ最強

・多機能で十分賢い

ユーザーの口コミはほとんどの人が満足しています。
おすすめのモデルです!

\i2はこんな人におすすめ/

・価格が安いものを選びたい!コスパ重視

・ルンバを初めて使う人

・ゴミ捨てを頻繁にするのが苦ではない

・床に物がない状態でルンバを使用する予定

ルンバ「i2」はコスパがよく、ユーザー満足度の非常に高い商品です。

こちらのモデルでルンバデビューをする家庭も多く、「ストレスが無くなった」「生活が向上した」「毎日の家事が楽になった」と、ルンバのある生活に感動している声が多く見られました。

正直、ロボット掃除機の機能としてはこちらで十分だと思います。

これだけの機能があってこの価格となれば、かなりお得ではないでしょうか。

ルンバデビューをしたい人や、安さ重視の人であれば、ルンバi2で十分!

気になる人はチェックしてみてくださいね。

\ルンバi2のある生活でストレスフリー/

アイロボット(IRobot)
¥22,800 (2024/05/13 02:40時点 | Amazon調べ)

\リアルな口コミをチェックしたい人は/

\その他の機種の違いが知りたい方は/

おすすめの記事