子供の自己肯定感爆上げ絵本!周りの評価なんて気にするな…ありのままでいい。

こ、これは…素晴らしい!!素晴らしすぎる絵本に出会いました。

これは子供に限らず、大人にこそおすすめしたいです。

その絵本の名は「たいせつなきみ」。

育児中のママへのおすすめ絵本としてはもちろん!人と比べて疲れてしまう人、自分に自信のない人、そんな人に読んでもらいたいです。

ありのままの自分を愛するという事の尊さが、可愛い絵本のストーリーを追う事でスッと入ってきます。

感想や口コミレビューなどもまとめているので、是非最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

【絵本】たいせつなきみ/マックス・ルケード

マックス・ルケード
ホーバード 豊子
出版社いのちのことば社
あらすじ

舞台はウィミックスという小人が暮らす村。

そこに住む小人たちは、「いいね」シールと「ダメね」シールを、お互いの身体に貼り合って暮らしています。

綺麗な小人や能力の高い小人には「いいね」が集まり、背の低い小人やドジな小人には「ダメね」が集まります。

まるで現代のSNSのようだ!

主人公は、「ダメね」シールばかり貼られてしまうパンチネッロという小人。

見た目も美しくなく、背も低い、能力も無いため、他の小人と比べて「自分はダメなやつだ」と思いながら暮らしていました。

ある時、「いいね」シールも「ダメね」シールも体にくっつかない小人ルシアに出会います。

周囲の小人はルシアに「あなたはいいね!」「あなたはダメね!」とシールを貼り付けますが、全て地面に落ちてしまうのです。

パンチネッロはルシアに「どうして君にはシールがつかないの?」と問いかけます。

するとルシアは「私たちを作ってくれた彫刻家のエリに会えばわかるよ!」と言い、パンチネッロはエリに会いに行きます。

(続きは絵本で)

スポンサーリンク

【口コミ】たいせつなきみ購入者のレビューを紹介

自分を大切にできる本です。

自分に自信の無かった私に、友人が読んでくれました。

読むたびに、優しい声で「もっと自分を愛してあげて良いんだよ。」と言われているような気持ちになります。

「あなたはあなただから素晴らしい」という事を知れる良書。

大切な人の誕生日プレゼントとして購入しました。

周囲の人と自分を比較してしまいがちな現代ですが、ありのままの自分に価値があるという事を知れます。

読むたびに泣いています。

お互いを評価しあう世の中に疲れてしまいますが、どうしたらそこから抜け出せるのかが、これを読めばわかります。

疲れた時に読み返しています。

私はこれでいいのだ!!

この本を読みながら「うん、うん。そうだよね。」と泣けてきました。

読み終わると心がスッキリ軽くなります。

自己肯定感が低い私ですが、もっと自分を愛してあげようと思えてくる本です。

著:マックス・ルケード, イラスト:セルジオ・マルティネス, 翻訳:ホーバード 豊子
¥1,760 (2024/07/04 16:05時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

【感想】たいせつなきみを子供に読み聞かせてみて…

大切な事を気づかせてくれる、本当に素晴らしい本です。

これは良い本に出会った!!!と感動しました。

早速、6歳の子供に読んであげると…

息子の感想→「うーん?ちょっとよくわからなかった~!」だって。

なんやねん!

確かに、幼稚園児にはまだ早かったかもしれません。

しかし、読んだ後に「〇〇はパパとママに愛されてるから、人から何と言われようとそのままでいいんだよ。」と言ってあげると嬉しそうにしていました。

私は、この本の中で特に好きな場面があります。

それは、小人の創造者である彫刻家エリに会いに行った、ダメねシールだらけのパンチネッロが「どうしてルシアにはシールがつかないの?」と聞くシーンです。

彫刻家のエリはこう言います。

「それは自分がそう決めたから。そんな事大事じゃないって自分で決めたんだよ。」

「どんなシールが付くかと気にしていれば、シールもお前についてくるんだ。」

「そんな事より僕の愛を信じれば、シールはつかなくなるよ。」

泣けるじゃないの…。

ありのままの自分を、たった一人の人が愛してくれる。

それを信じるだけで、こんなにも強い心を持つことができるんです。

この本の内容は子供向けではないと思っています。

人の評価を気にして疲れてしまっている、大人にこそ読んでもらいたいです。

子供に読み聞かせてあげる事で、自分自身も大切な事が再確認できます。

著:マックス・ルケード, イラスト:セルジオ・マルティネス, 翻訳:ホーバード 豊子
¥1,760 (2024/07/04 16:05時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

この本は、親が子供に読み聞かせる事に意味がある(と思う。)

この本のは、親が読み聞かせる事に意味があると私は思っています。

自分を大切に思っている人(彫刻家のエリのような存在)から読んでもらった方が、この本のメッセージが伝わりやすいからです。

エリがパンチネッロに語り掛ける言葉は、親が我が子に思っている事そのもの。

そのまま伝わってくれればいいな…と思っています。

中学生、高校生と年齢があがって、何か嫌な事があった時、人にバッテンを付けられてしまった時に、読み返してもらいたいです。

そんな時、「ママとパパがそのままの君を愛しているから、そのままでいいんだよ」と言ってあげた時間も思い出してくれるといいなーなんて。

今回は、とっても素敵な絵本に出会ったので、いろんな人に知ってもらいたいな~とブログを書いてみました。

子供だけでなく、社会に疲れた人、満たされない承認欲求に悩んでいる人、いろんな人に読んでもらいたい本です。

プレゼントで貰っても嬉しいかも!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

著:マックス・ルケード, イラスト:セルジオ・マルティネス, 翻訳:ホーバード 豊子
¥1,760 (2024/07/04 16:05時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
おすすめの記事