悪い口コミは?ルンバi5はどんな人におすすめ?機能や評判をレビュー

今回は「ルンバi5(i5+)」の口コミや評判について紹介致します。

 2023年に発売された新モデルですが、ユーザーの評判はいかがなものでしょうか?! 

という事で今回は、ルンバi5(i5+)の口コミ評判、機能や特徴、i5がオススメの人はどんな人?と、気になるポイントを全てまとめてみました。

 買ってから後悔の無いように、悪い口コミも包み隠さず紹介していこうと思います!

是非参考にしてみてくださいね。

アイロボット(IRobot)
¥44,700 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)
アイロボット(IRobot)
¥81,980 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)

スポンサーリンク

【悪い口コミ評判】ロボット掃除機ルンバi5/アイロボット

・障害物回避機能が欲しかった…
・家の間取りが複雑でマッピング機能が微妙…

障害物回避機能が欲しかった

旧式からの買い替えで購入しました。
音が静かで満足していますが、初めて使用した日に、ペットのう〇ちを巻き込んでしまいました。

巻き込んだブツを掻き出したり、ルンバを洗うのがとても大変だったので、ペットのいる家庭は「障害物回避機能」がついたモデルのほうがいいと思いました。

間取りが複雑でマッピング機能が不正確

マッピング機能で室内マップを制作したのですが、我が家の間取りが複雑なのかうまく使う事ができていません。

そのため、使いたい部屋に持って行ってルンバを稼働しています。

実際に使用してみると、「障害物回避機能」が欲しかったと感じる人が一部いるようです。

ルンバ「i5」は障害物回避機能が付いている上位モデルの「j7」シリーズとは違い、前面カメラは搭載されていません。

そのため、床が散らかった状態でルンバを稼働すると、いろいろなものを巻き込んでしまいます。

ペットがいる家や、床に多少物がある状態でも気にせずルンバを使いたい人は上位モデルの「j7」シリーズがおすすめ!

また、「i5」シリーズは室内マップを作成する事はできますが、進入禁止エリアを選択する事はできません。

ペットの水飲み場や、赤ちゃんがいるスペースなど、固定の位置を避けたい人も、進入禁止エリアを詳細に選択できる「j7」シリーズがおすすめです。

\j7シリーズってどんな機種?わかりやすい比較記事はこちら/

悪い口コミの中には、「i5」シリーズで売りにしているマッピング機能がうまく使えなかったというものもありました。

ほとんどの人が「マッピング機能が正確で便利だ!」と、好印象なので、稀なケースではありますが、こういった事もあるようですね。

3~4部屋程度の間取りに使用する事が推奨されているため、間取りが複雑な家や、部屋数が多い家庭(5部屋以上など)は、不向きかもしれません。

こちらのケースでも、前面カメラが搭載されていて、より正確な室内マップを作る事が期待できる「j7」シリーズがおすすめになるので、気になる方は「j7」モデルもチェックしてみてくださいね!

\j7シリーズってどんな機種?わかりやすい比較記事はこちら/

スポンサーリンク

【良い口コミ評判】ロボット掃除機ルンバi5/アイロボット

・マッピング機能が便利
・音が静か
・吸引力、掃除力に大満足

マッピング機能が便利

買い替えで購入しましたが、かなり性能がアップしていて驚きました。

出来上がったマップも正確で、掃除したいエリアを選択して掃除ができます。

とても便利で助かっています!

マッピング機能が欲しかったので、i5を購入してみました。

入ってほしくない部屋を指定できたり、部屋を区切って掃除できるのが便利で助かっています。

音が静か

古いモデル(e5)からの買い替えでこちらを購入。

稼働音は3分の1ほどになり、かなり静かになりました。

掃除時間も以前使用していたものの、半分ほどになり満足しています。

就寝中に稼働していますが、騒音で目覚めた事は無いです。

吸引力や掃除力に満足

就寝前に稼働させていますが、朝起きると空気が違います。

吸引力が素晴らしく、明らかに床が綺麗になっています。

猫の毛や細かな砂のようなゴミも全て吸ってくれます。

自分で掃除機をかけるよりも綺麗になるので助かっています。

はじめて購入する人も古い機種から買い換えた人も、満足の声で溢れています。

部屋を指定して掃除する事ができる、マッピング機能に感動する人が多いようですね!

吸引力やパワーも申し分なく、コスパの良いモデルで満足しているとの口コミが多く見られました。

気になる方はリアルな口コミもチェックしてみてくださいね!

\リアルな口コミをチェックしたい人はこちら/

アイロボット(IRobot)
¥44,700 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)

\自動ゴミ収集機能付きモデルはこちら/

アイロボット(IRobot)
¥81,980 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

ルンバi5はどんな製品?機能や特徴を紹介!

機能
・吸引力10倍
・2本のゴム製のデュアルアクションブラシ
・間取り学習機能
・ブラーバm6と連携可能

吸引力10倍

どんな機能?

・ルンバのベーシックな600シリーズと比較して吸引力は10倍

・微細なハウスダストまでパワフルに吸引

・ダストカットフィルターで見えないアレルゲンも99%捕らえる

2本のデュアルアクションブラシ

引用:ルンバ公式

どんな機能?

・他社製品には無いルンバ独自の2本のゴム製ブラシ

・1本目のブラシがゴミを掻き出し、逆回転をする2本目のブラシでゴミを取り除く

・ペットの毛や髪の毛などが絡まりにくく手入れが簡単

間取り学習機能

引用:ルンバ公式

どんな機能?

・間取りを学習して室内マップを作成

・リビング、キッチンなど部屋を指定して掃除が可能

ブラーバm6と連携可能

引用:ルンバ公式

どんな機能?

・ブラーバm6と連携が可能

・ルンバが掃除をした後に、ブラーバが自動で拭き掃除を開始する

ルンバi5とi5+の違いは?

ルンバi5 と、ルンバi5+の違いは、クリーンベースの有無です。

クリーンベースって何?

引用:ルンバ公式

機能や特徴

・ルンバ内の容器に溜まったゴミを自動で収集する機能

・最大1年間はゴミ捨ていらず

・数か月は掃除の事はほったらかしできる

ルンバは基本的にアルファベットの最後に「+」のついているモデルが、クリーンベースが付いてくるモデルになります。

クリーンベースは後から購入する事もできますが、後から購入した場合は別途44,000円かかってしまいます。(※2023年9月時点での価格)

クリーンベースが必要な人は、あらかじめ「+」のついたモデルを購入することをおすすめします。

\クリーンベース付きで約1年はゴミ捨て不要/

アイロボット(IRobot)
¥81,980 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)

\クリーンベース無しモデルはお得な価格/

アイロボット(IRobot)
¥44,700 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)

ルンバi5はどんな人におすすめ?

i5+がおすすめの人はこんな人!

アイロボット(IRobot)
¥81,980 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)
こんな人におすすめ!

・掃除する部屋を指定して使いたい

・床の物を片付けてからルンバを使うつもりだ

・インテリアに馴染むスタイリッシュなデザインがいい

・ゴミ捨ての手間を省いて、ほったらかしにしたい!

i5がおすすめの人はこんな人!

アイロボット(IRobot)
¥44,700 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)
こんな人におすすめ!

・掃除する部屋を指定して使いたい

・床の物を片付けてからルンバを使うつもりだ

・頻繁にゴミ捨てをするのは、そんなに苦ではない

・価格と機能とバランスのとれたコスパのいいモデルが欲しい

床に物が散らかった状態でも気にせずルンバを使いたい人や、家にペットがいる人など。

また、ペットの水飲み場、赤ちゃんがいる場所など、詳細に進入禁止エリアを指定したい人には、j7シリーズがおすすめです!

ルンバの比較記事に機能や特徴の詳細を記載していますので、気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね!

\j7シリーズってどんな機能があるの?価格は?/

ルンバi5シリーズの口コミ評判のまとめ

この記事のまとめ

悪い口コミ

・障害物回避機能が欲しかった

 →障害物回避機能が欲しい人は上位モデルのj7シリーズをチェック

・家の間取りが複雑でマッピング機能が微妙

→5部屋以上ある家や、間取りが複雑な家には不向きかも?

→前面カメラ搭載でより詳細な室内マップ作成可能なj7シリーズをチェック

良い口コミ

・マッピング機能が便利

・音が静か

・吸引力&掃除力に大満足

ユーザーの口コミは大満足!不満はない!と言っている人が多いですよ~!
機能と価格のバランスがよく、コスパのよいモデルです。

\i5はこんな人におすすめ/

i5+がおすすめの人

・掃除する部屋を指定して使いたい

・床の物を片付けてからルンバを使うつもりだ

・インテリアに馴染むスタイリッシュなデザインがいい

・ゴミ捨ての手間を省いて、ほったらかしにしたい!

i5がおすすめの人

・掃除する部屋を指定して使いたい

・床の物を片付けてからルンバを使うつもりだ

・インテリアに馴染むスタイリッシュなデザインがいい

・ゴミ捨てをするのは、そんなに苦ではない

・価格と機能とバランスのとれたコスパのいいモデルが欲しい

i5とi5+の違いはクリーンベースの有無。
最大1年間ほどゴミ捨ての手間から解放されたい!という人は「i5+」。
ゴミ捨てはそれほど苦じゃないから、なるべく安いものが欲しいという人は「i5」がおすすめ。

機能と価格のバランスが取れた「i5」は、ユーザーの口コミも満足の声で溢れています。

気になる人は、リアルな口コミもチェックしてみてくださいね!

アイロボット(IRobot)
¥81,980 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)
アイロボット(IRobot)
¥44,700 (2024/04/04 22:55時点 | Amazon調べ)

\その他のモデルとの違いが知りたい人はこちら/

おすすめの記事