【保存版】大雨や台風による家や車への浸水被害を防ぐための対策まとめ

先日の埼玉県を中心とする記録的な降水量が観測された大雨で、全国各地浸水被害が発生しました。

こちらの大雨ですが、我が家も他人事ではなく、気づけば家の外は運河に…。

夜中、夫に起こされ家の外を見て青ざめました。

足首ほどまで水がたまる中、車や家への浸水に怯えてただただ祈る事しかできず…。

どうにか、車や家への浸水は逃れたものの、何も備えていなかった事を本当に後悔しました。

なので、今回は実際に浸水の恐怖を目の当たりにした私が、血まなこで調べた水害&浸水ライフハックを共有していきたいと思います。

これは買っておこう!と思った浸水防止グッズや、役に立った知識などを紹介していきますね!

保存版です!
ブックマークしていおいてください♪

スポンサーリンク

備えれば安心!水害&浸水防止対策まとめ(家&車編)

【家の浸水防止】玄関扉にブルーシート+防水テープ

・扉の淵の隙間に防水テープを張る

・その上からブルーシートを貼り付ける

・固定のために土のうや水のうを置く

モリリン
¥498 (2024/04/13 19:00時点 | Amazon調べ)

【家の浸水防止】土のうや水のうの準備(即席版も紹介!)

画像をクリックすると楽天にリンクしています

・土のう

・水に浸すと膨らむ吸水土のう

・袋に水を入れるだけの水のう袋

・ダンボールにビニール袋を入れて作る即席のものでもOK

土のうを用意するのは大変という人には、水に浸すと膨らむ吸水性の土のうや、袋に水を入れるだけの水のうなどがおすすめ。

これらは使用しない時はぺちゃんこになっているので、収納場所にも困りません。

また、何も用意が無い場合は、家にあるもので即席の水のうを作りましょう。

まずは、ダンボールとビニール袋を用意します。

ダンボールの中で水のうを作れば完成です。

■即席水のうの作り方

引用:草加市ホームページ

何も無い時はこちらが有効ですが、常に大きなダンボールが家にあるとは限りません。

いざという時のために、土のうや水のうを備えておくのが安心かと思います。

PALTAC(パルタック)
¥4,998 (2024/04/13 19:00時点 | Amazon調べ)
旭電機化成(Asahi Denki Kasei)
¥2,082 (2024/04/13 11:01時点 | Amazon調べ)

【家の浸水防止】水害防止パネル「備えあれ板/折りたたみ式」

画像をクリックすると楽天にリンクしています

・軽量(1枚あたり2.3Kg)でスピーディに設置が可能

・組み立てて地面に置くだけスピーディで簡単

・使わない時はコンパクトに収納

・繰り返し使用できる

日大工業株式会社
¥17,800 (2024/04/13 19:00時点 | Amazon調べ)

【車の浸水防止】ガレ―ジにブルーシート+土のう

・ガレージがある人は入り口をふさぐ

・土嚢+ブルーシートが効果的

・「備えあれ板」なども有効

【車の浸水防止】車浸水対策袋

画像をクリックすると楽天にリンクしています

・車を袋で包んで防水

・タンスやテレビ、冷蔵庫などの大型家電にも使用できる

【車の浸水防止】車をジャッキアップ

・ジャッキで車を上にあげて馬で固定

・カースロープを使用するとより簡単

\カースロープもおすすめ/

【車の浸水防止】マフラーをラップで包む

・車はマフラーに浸水してしまうとダメになってしまう

・マフラーへの浸水を防ぐためにビニールやラップで入り口をふさぐ

【下水の逆流防止】トイレや排水口に水のうを置く

引用:新潟市ホームページ

・下水管が満水になると下水が逆流する事がある

・二重にしたビニール袋で水嚢を作成

・トイレ、お風呂、洗濯機などの排水口にかぶせておく

スポンサーリンク

ヤバイ!家へ浸水!!床下&床上浸水後の対応まとめ

ここでは浸水後の対応をまとめてみました。

玄関に水のうを敷き詰めて水の侵入を最小限に

・二重にしたビニールに水を入れて水のうを作る

・玄関近くの床に敷き詰めて浸水&逆流を最小限に

・防災用の吸水シートの用意があるとなおよし

コンセントを抜くなどの感電対策

・浸水の可能性のある場所のコンセントは全て抜く

・差込口はガムテープなどでふさぐ

・ドアの鍵の差込口もガムテープでふさぐとなおよし

 (→鍵穴に泥が入ると使えなくなる恐れあり)

被害の様子を細かく写真に撮っておく

・片付ける前に被害の様子を写真に撮っておく

・行政や保険会社とやり取りする際に必要になる

・浸水した家具や家電は型番や商品がわかるように撮るとよい

・浸水被害は床から何cm浸水したかわかるように撮る

掃除は水が乾く前にやるのが◎

・一通り写真を撮ったらすぐに掃除

・断水してしまうと数日掃除ができなくなる

・そのまま乾くと泥や匂いが家にこびりついてしまうので注意

スポンサーリンク

備えておけば良かった~!と後悔する前に、浸水防止対策グッズを揃えておこう!

以上、今回の大雨で私が参考になった情報を片っ端からまとめてみました。

自分の保存用に記事にしてみましたが、お役に立てれば幸いです。

水害が発生する可能性のある地域に住んでいる人は、浸水対策グッズを備えておきましょう!

備えておけばある程度は安心できます。

今回、何も備えていなかったので祈るだけでとても辛かったです…。
こんな思いはもうしたくないので、我が家は対策グッズをいろいろ買いました!

探してみると、便利グッズがたくさんあります。

是非参考にしてみてくださいね!

\水害対策人気グッズはこちらよりチェック/

おすすめの記事