新旧比較!5つの違い!デンキバリブラシ2.0は旧型と何が違う?エレクトロン

デンキバリブラシと言えば、エレクトロンの人気美容家電ですが、現在は2種類の商品展開をしています。

高い商品なので「買ってから後悔したくない!」という人のために、今回は、2022年に新しく発売されたデンキバリブラシ(R)2.0+ボディと、従来型モデルであるデンキバリブラシの違いを調査してみました。

結果、新型デンキバリブラシと旧型デンキバリブラシの違いは以下の5つ

1.価格

2.全身に使えるようになった

3.3種類のモードを選択して使い分けが可能に

4.刺激の幅が広がった

5.重くなった

では、詳細を順に紹介していこうと思います。

新モデル・デンキバリブラシ2.0+ボディ

ELECTRON 公式楽天市場店
¥217,800 (2024/02/01 21:06時点 | 楽天市場調べ)


従来型モデル・デンキバリブラシ

ELECTRON 公式楽天市場店
¥168,300 (2023/10/26 19:45時点 | 楽天市場調べ)

スポンサーリンク

デンキバリブラシ(R)2.0+ボディとデンキバリブラシの違いを紹介

先ほども軽く紹介しましたが、新旧デンキバリブラシの違いは現在以下の5つです。

1.価格

2.全身に使えるようになった

3.3種類のモードを選択して使い分けが可能に

4.刺激の幅が広がった

5.重くなった

① 価格

・新型デンキバリブラシは、従来型より約6~7万円ほど高い

・2023年3月時点では、Amazonのみ商品の取り扱いなし

■大手通販会社3社の比較

Amazon楽天市場Yahoo!
ショッピング
デンキバリブラシ(R)2.0
+ボディ
(2022年発売・新型)
取り扱いなし209,800円217,800円
デンキバリブラシ
(従来型)
取り扱いなし144,980円145,000円

※2023年3月時点での価格
※すべて税込

新型と旧型では、6~7万円ほどの価格差があります。

新型の機能にもよりますが、約7万円の差は結構大きいですよね。

また、現時点では、Amazonでエレクトロンのデンキバリブラシを検索しても出てきません。

しかし、今後出品する可能性もあります。

価格や状況は日々変動していますので、現在の価格は下記より確認をお願い致します。

② 全身に使えるようになった

・新モデルではフェイス用とボディ用のアタッチメントの交換が可能

・顔や頭だけでなく、腕、腹、脚、ヒップなどの全身ケアができるようになった

新型デンキバリブラシはアタッチメントの交換により、全身に使えるようになりました。

アタッチメントはワンタッチで着脱可能と、交換も簡単です。

フェイス用のアタッチメントで、顔、頭、首、デコルテなどをケア、ボディ用のアタッチメントで、腕、お腹、肩、背中、ヒップ、脚のケアが可能です。

ボディ用の出力は、フェイス用と比べて1.5倍!
しっかりと全身ケアをしたい人におすすめです。

③ 3種類のモードを選択して使い分けが可能に

引用:エレクトロン(デンキバリブラシ)公式

・従来型ではモード選択機能は無いが、新型は3種類のモードを選択して使用できる

・新型ではノーマルモードに加えて、ハリモードと波モードが追加

・部位に応じて好みの刺激をカスタマイズ

従来型は1つのモードしかありませんが、新型ではモードが選択できるようになっています。

それぞれの機能や効果は以下の通りです。

ノーマルモード・連続的な刺激
・細かな所にピンポイントではたらきかける
・時短ケアにおすすめ
ハリモード・断続的な刺激
・目元や口元のたるみなど、ハリを出したいところにおすすめ
波モード・波のような動きのある刺激
・まるで手技をうけているような刺激
・ヘッドスパなどくつろぎたいときにおすすめ

念入りなケアで、より美容効果を感じたい人におすすめです!

④ 刺激の幅が広がった

引用:エレクトロン(デンキバリブラシ)公式

・従来型の4段階のレベル調整から、5段階になった

・ただレベルが1つ増えただけでなく、刺激の幅も拡張された

・ボタンの操作方法もシンプルに

刺激の幅が広がり、レベルも5段階に拡張。

これにより、好みにあったレベル調整が可能になりました。

機能やモードは増えていますが、ボタンはメインボタンとモード切替ボタンの2つで、操作もとても簡単です。

⑤ 重くなった

・新型は従来型と比べて、42~123g重くなった

・フェイス用アタッチメント使用時が42g増

・ボディ用アタッチメント使用時が123g増

(旧)デンキバリブラシ(新)デンキバリブラシ2.0+ボディ
重さ155gフェイス用使用時:197g
ボディ用使用時:278g

新型モデルは従来型モデルと比べて本体が42~123g重くなりました。

重量は増えましたが、デンキバリブラシの使用時間はだいたい10分程度で、なでるように滑らせて使うため、重くて使えないという事は無さそうです。

スポンサーリンク

新型デンキバリブラシと従来型デンキバリブラシはどっちがおすすめ?

新型モデル/デンキバリブラシ2.0+ボディはこんな人におすすめ

ELECTRON 公式楽天市場店
¥217,800 (2024/02/01 21:06時点 | 楽天市場調べ)

\美容効果重視!全身念入りにケアしたい/

新型モデルがおすすめの人

・顔だけでなく、全身ケアしたい

・日常のケアにハリモードや波モードも取り入れたい

・最新の機能や技術を使いたい

最新の技術や機能が備わっているので、美容効果をより感じたい人は新型のデンキバリブラシ2.0+ボディがおすすめです。

顔だけでなく全身に使えて、モード選択やレベル調整で、部位に合わせてカスタムしながら使えるのも魅力的です。

美容効果をより感じたいなら新型がおすすめです!

従来型モデル/デンキバリブラシはこんな人におすすめ

ELECTRON 公式楽天市場店
¥168,300 (2023/10/26 19:45時点 | 楽天市場調べ)

\価格重視!毎日のケアはシンプルがいい/

従来型モデルがおすすめの人

・顔や頭のケアが中心で、ボディには使わない

・とにかく安い方がいい

・付け替えたりモードを選択したり面倒くさい、よりシンプルなものがいい

旧型モデルはもともと定価198,000円で販売されていましたが、リニューアルモデル発売後、定価168,300円と、大幅な値下げがありました。

普通に購入するだけでもお得感があるので、とにかく安さ重視!という人には従来型おすすめです。

発売当初より、定価が29,700円も安くなっています。
これだけで、発売当初に購入した人よりはお得ですよね。
在庫が無くなる前に!

また、機能が少ない事でよりシンプルに使えるのも魅力的です。

機能が少ない方が手軽に使えて丁度いい!という、ちょっと面倒くさがりなタイプにもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

デンキバリブラシ新型と従来型の違い・比較まとめ

デンキバリブラシ新旧比較表

デンキバリブラシデンキバリブラシ2.0+ボディ
発売年2018年2022年
レベル調整4段階5段階
アタッチメント×フェイス
ボディ
クシ本数32本フェイス:32本
ボディ:48本
モード切替×フェイス:3種類
ボディ:2種類
ボディへの使用
価格144,980円~209,800円~
重さ155gフェイス使用時:197g
ボディ使用時:278g

※2023年3月時点での価格

今回はデンキバリブラシの新旧モデルを比較してみました。

美容効果重視で、最新技術で全身を念入りにケアしたい!という人には新型のデンキバリブラシ2.0+ボディがおすすめ。

価格重視で毎日のケアはシンプルなものがいい、ボディのケアはしなくてもいい。という人は、従来型のデンキバリブラシがおすすめです。

価格や状況は常に変化しているので、まずは最新価格のチェックもお忘れなく!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

新モデル・デンキバリブラシ2.0+ボディ

ELECTRON 公式楽天市場店
¥217,800 (2024/02/01 21:06時点 | 楽天市場調べ)


従来型モデル・デンキバリブラシ

ELECTRON 公式楽天市場店
¥168,300 (2023/10/26 19:45時点 | 楽天市場調べ)

おすすめの記事