逗子海岸でシーグラスがたくさん取れたよ!関東ビーチコーミングレポート

シーグラス目当てで神奈川の逗子海岸海水浴場でビーチコーミングしてきました!

毎度の事、やりだすとあっという間に時間が経ってしまうビーチコーミングですが、今回もあっという間。

とっても楽しかったです!

この記事ではこんな事を紹介していこうと思います。

 

この記事でわかる事

✔ ビーチコーミングって何?

✔ ビーチコーミングに持っていくと便利なもの

✔ 逗子海岸ビーチコーミングレポート(シーグラスは取れた?)

✔ 逗子海岸ビーチコーミングの口コミなど

 

スポンサーリンク

ビーチコーミングって何?

 

ビーチコーミングとは?

海岸にある漂流物を集めて楽しむ

貝殻・サンゴ・シーグラスなどが取れる

季節を問わず海を楽しめる

大人も子供も夢中になれるので親子におすすめ

 

新型コロナウィルスの影響もあり、屋外で楽しめるアクティビティが人気ですよね。

先日行った茨城の大洗海岸でシーグラスが1つも取れなかったので、リベンジもかねて今回は逗子海岸へ!

今密かにブームのビーチコーミングレポートを致します。

さて…逗子海岸はどうでしょうか…

\茨城大洗海岸のビーチコーミング体験はこちら/

 

スポンサーリンク

ビーチコーミングに持っていくと便利なグッズ

✔ ビーチサンダル・長靴
 →砂浜で履き替える

✔ バケツ・ビニール袋
 →取ったものを入れる

✔ タオル
 →手や足を水道で洗ったあと拭く

✔ シャベル・網
 →プラスαであるとさらに便利

 

今回はビーチサンダルを持参して行きました。

海岸はシーグラスになる前の鋭いガラスの破片なども落ちていたので、必ず持って行った方がいいと思います。

 

拾ったものを入れるバケツや袋も必須アイテムですね。

これはビニール袋やジップロックが一枚あれば十分かと思います。

 

最後にプラスαであると便利なのが、網やシャベル。ここまで用意できれば完璧でしょう!

最低限ビーチサンダルとビニール袋を用意していきましょう!
この2つならそんなに荷物もかさばらないよ

 

 

スポンサーリンク

逗子海岸海水浴場でのビーチコーミング(体験レポート)

逗子海岸海水浴場に到着!

まだ5月でしたが、海水浴を楽しんでいる人もチラホラといました。

 

子供は腰あたりまで海に入る子も多いです。

この日の気温は27度!すっかり夏だね!

 

 

砂浜ですが、貝殻は小さ目のが多いです。

茨城の大洗海岸は大きな貝殻がたくさん落ちていたので、海によって漂流物に違いがあるという事がわかりました。

 

そして肝心のシーグラスですが、海岸到着してすぐに貝殻の中からシーグラスを発見。

逗子海岸は、よーく目を凝らしながら歩けばシーグラスが見つかります!

はじめて見つけた~!感動~!

 

 

この日の滞在時間は1~2時間ほどでしたが、シーグラスはこんなに取れました。

 

薄く白っぽい色が多いですよね。

白・茶色・水色あたりが多く落ちている印象です。

濃い青や鮮やかな色も探したのですが、私は見つける事ができませんでした。

それでも、これだけ取れて大満足!

 

 

逗子海岸の注意点・シーグラスは取れたけど…足元に注意!

 

今回、逗子海岸海水浴場に行ってシーグラスをたくさん取る事ができました。

しかしシーグラスも取れますが…ガラスの破片も多かった!

足元には注意が必要!

 

シーグラス自体、ガラスの破片の角が取れたものですからね。

シーグラスが取れるビーチは、それだけガラスの破片も多いという事です。

 

訪れる際には、必ずビーチサンダルか長靴を用意してください。

 

 

逗子海岸のビーチコーミングの口コミを紹介

逗子海岸のビーチコーミングですが、みなさんどのようなものが取れているのでしょうか。

気になる口コミをいくつかピックアップしてみました。

 

 

結論・逗子海岸でシーグラスは取れる(雰囲気もよく癒されます)

結論、逗子海岸でシーグラスは取れます。

関東圏でシーグラスが取りたい!という人にはかなり推せるスポット♪

 

逗子は雰囲気もよく洗練された町なので、ビーチコーミング以外にも1日ゆっくり楽しむのがいいと思います。

お洒落な海沿いのカフェもあるし、鎌倉が近いので観光もいい感じだよ!

 

逗子方面は見どころ満載で一泊して観光を楽しむのもおすすめです。

宿泊の際は直接ホテルに予約するよりも、クーポンやキャンペーンが満載の楽天トラベルが断然お得なのでチェックしてみてくださいね!

中には、半額で旅行に行く人もいるようです!

 

↓こちらの記事を開きながらお得に予約してね!

\0円や半額で旅行に行く人もいるよ!/

 

おすすめの記事