スッキリ解説!加湿器の種類は全部で4つ・特徴やメリットデメリット

「加湿器種類多すぎてわけわからん」

加湿器って本当にいろんな種類があってよくわからないですよね。

今回は加湿器を買いたいけど何を買えばいいのかわからなくなっている人のために、加湿器の種類をかなりわかりやすく解説していきます。

 

この記事でわかる事

✔ 加湿器の種類や特徴

✔ それぞれのメリット・デメリット

✔ どんな人におすすめか

加湿器を買う場合は、それぞれの特徴をしっかり理解して用途に合わせて選びましょう!

 

 

スポンサーリンク

加湿器の種類は大きく4種類

加湿器の種類は大きく分けて4つです。

 

加湿器の種類4つ

1.スチーム式

2.気化式

3.超音波式

4.ハイブリッド式

上から順に詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

1.スチーム式(加熱式)

イメージ

「やかんをお湯で沸かす」

 

消費電力×消費電力は高い
衛生面煮沸のため殺菌効果
加湿力加湿力が高い
運転音静か
給水のしやすさしづらい

 

  メリット

・すばやく加湿できる
・殺菌能力があり衛生的
・即効性があり加湿パワーが強い

デメリット

・消費電力が高く電気代がかかる
・蒸気口付近が高熱になるため危ない

 

こんな人におすすめ!

短時間でパワフルに加湿したい

常時使用しない会議室などにおすすめ

 

スチーム式でおすすめはコレ

 

スポンサーリンク

2.気化式

 

イメージ

「濡れた洗濯物を風で乾かして気化させる」

消費電力省エネ
衛生面普通
加湿力加湿に時間がかかる
運転音比較的静か
給水のしやすさしやすい

  メリット

・消費電力が最も少なく省エネ
・安全性が高い
・加湿範囲が広い

デメリット

・加湿までに時間がかかる
・空気が少しひんやりする

 

こんな人におすすめ!

電気代を抑えながら長時間加湿したい

 小さな子供がいるので安全性を重視したい

気化式でおすすめはコレ



3.超音波式

イメージ

「霧吹きで細かい水滴を出す」

消費電力少なめ
衛生面×雑菌繁殖しやすい
加湿力即効性がある
運転音静か
給水のしやすさしづらい

  メリット

・加湿スピードが速い
・音が静か
・消費電力が少なめ

デメリット

・菌やカビが繁殖しやすい
・こまめなお手入れが必要

 

こんな人におすすめ!

 電気代を節約したい

運転音が静かなものがいい

音が静かで置き場所を選ばないためデスクサイドにおすすめ!

 

超音波式でおすすめはコレ



 

 

4.ハイブリット式

ハイブリット式の種類は大きく分けて2つあります。

4-1.超音波加熱式

 

イメージ

「やかんから出る蒸気を霧状にして出す」

消費電力電力は高め
衛生面水を加熱するため衛生的
加湿力あり
運転音静か
給水のしやすさしやすい

  メリット

・衛生的
・音が静か
・吹き出し口が熱くないので安全

デメリット

・本体の値段が高い
・菌やカビを防ぐために、こまめな手入れが必要

 

こんな人におすすめ!

リビングなどの広い部屋で使いたい

音が静かなものがいい

超音波×加熱式でおすすめはコレ

 

 

4-1.温風気化式

 

イメージ

「洗濯物をドライヤーの温風で乾かして気化させる」

消費電力少なめ
衛生面普通
加湿力加湿量が多い
運転音やや大きい
給水のしやすさしやすい

  メリット

・比較的加湿量が多い
・加熱式より電気代が安い
・吹き出し口が熱くないので安全

デメリット

・本体の値段が高い

 

こんな人におすすめ!

 加湿量と消費電力のバランスがいい

 短時間で湿度を上げたい

気化×温風式でおすすめはコレ



加湿器の種類まとめ

加湿器の種類を解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

■それぞれの加湿器のイメージ

1.スチーム式
→「やかんをお湯で沸かす」

2.気化式
→「濡れた洗濯物を風で乾かして気化させる」

3.超音波式
→「霧吹きで細かい水滴を出す」

4-1.超音波加熱式・ハイブリッド
→「やかんから出る蒸気を霧状にして出す」

4-2.温風気化式・ハイブリッド
→「洗濯物をドライヤーの温風で乾かして気化させる」

イメージで理解するとメリットやデメリットが感覚的に掴めてわかりやすいですよね!

経済面や衛生面など、自分の中で何を重視するかをよく考えて選んでみてください。

特徴を理解して用途に合わせて選ぶのがおすすめ

 

スチーム式でおすすめはコレ

気化式でおすすめはコレ

超音波式でおすすめはコレ

超音波×加熱式でおすすめはコレ

気化×温風式でおすすめはコレ

 

おすすめの記事