不妊治療の愚痴は誰に言えばいい?夫以外に言える人を見つけた方がいい理由

辛い気持ちをわかってもらいたくて夫に吐き出した言葉に対して、「それだったら治療辞めてもいいんだよ」と正論で返されてしまう。不妊治療あるあるですよね。

女性の愚痴に対して、男性は正論で答えます。これは脳の構造上仕方のない事です。

 

しかし、つらい気持ちを吐き出すたびに正論で返されていたら、女性は「誰にもわかってもらえない」と感じて、さらに落ち込んでしまうなんて事も。

そこで、私がオススメする不妊治療の愚痴を吐く相手は「同じ境遇にいる女性」です。

 

この記事では、

・男性はなぜ正論を言うの?

・夫以外に誰に愚痴を吐けばいい?

・愚痴を吐ける相手はどうやって探したらいい?

などなど!詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

愚痴をこぼしても旦那には正論で諭されるという人が多い

不妊治療で悩んでいる人の相談などを見ると、「夫に相談しても正論で諭されてしまう」と言っている人が本当に多いと感じます。

では、どのような正論を言われるのか、いくつかまとめてみました。

 

男性からの正論の例

・そう言われても俺にはどうする事もできない

・不妊治療すれば必ずできるわけではないってわかってるだろ

・つらいなら辞めればいい

・俺は子供がいなくてもいいと思ってる

 

こう言われたら、もう何も言えないですよね。

女性だって、不妊治療中に「こんな事があって辛かった。」「どうして私には子供ができないの?」と弱音を吐きたくなる事もたくさんあります。

それに対して正論を言われてしまったら、それ以上何も言えず、辛い気持ちを吐き出す所が無くなってしまいますよね。

 

スポンサーリンク

なぜ男性は愚痴に対して正論を言うの?

では、なぜ男性は愚痴に対して正論を返してくるのでしょうか?

それは、そもそも男性脳と女性脳ではコミュニケーションの取り方が違います。

 

コミュニケーションの取り方

・女性・・・共感

・男性・・・解決

 

これらが顕著に表れるのが「飲み会」です。

男性同士の飲み会だと、仕事や子育て、社会情勢について話が弾んでいるかと思うと「それは違う!」と意見し合い、喧嘩の一歩手前のような状態になる事も珍しくありません。

男性たちは問題解決をしようと思うので、何かしらの答えを出そうとします。

 

一方、女性同士の飲み会だと、「わかるー!」「それってムカつくね!」「うんうん。そうだよねー。」とずっと共感し合いながら、何時間も他愛のない話をしていますよね。女性たちは、生産性も答えも求めず、共感だけで会話が成り立ちます。

 

このような飲み会の違いからもわかるように、そもそも男性と女性ではコミュニケーションの取り方が違います。

これを不妊治療の愚痴に置き換えて考えると。

 

愚痴のコミュニケーション

・妻・・・共感が欲しくて愚痴を吐く

・夫・・・愚痴を問題だととらえ解決しようとする

 

こうなってしまい、すれ違ったコミュニケーションになってしまう仕組みです。

 

スポンサーリンク

愚痴を吐くなら共感してくれる「同じ境遇の女性」

愚痴に対して、ただ聞いてもらいたい、気持ちをわかってもらいたいと思っているなら「女性」に言うべきです。

共感を大切にする女性であれば不妊治療の愚痴に対して、このような言葉が返ってくると推測されます。

 

女性からの共感例

・そうだよね。つらいよね。

・気持ちすごくわかるよ。

・いつも頑張ってるよね。

・私もつらいけど頑張ってるよ。ひとりじゃないからね。

 

こんな痒い所に手が届くような言葉をかけてくれるのは「同じ境遇にいる女性」だけです。

 

「同じ境遇の女性」はどこで探せばいいの?

では、そんな女性どこにいるのでしょうか?

それはネットの世界です。私の経験上、アメブロやTwitterなどで探す事をオススメします。

 

私の場合、周囲の友人は不妊治療を経験している人が少なく、避妊を辞めたらすぐ子供ができたという人がほとんどでした。中には通院している人もいましたが、タイミング法や薬を飲むだけで授かる人が多く、高度不妊治療まで受けていても一向に授からない私はとても孤独でした。

 

そんな時にアメブロの「ベビ待ち」というジャンルを見つけました。

そこでは、私と同じような境遇の女性が自分の治療の経過や気持ちを書き綴っていて、とても共感し勇気をもらえました。

 

そこで私もブログを書いてみると、お互いにコメントをし合う仲間ができ、辛い事があった時はブログに書くとコメントで励ましてもらえるようになり、本当に癒された経験があります。

 

この経験から、ネット上で仲間を探す事をオススメします。

私はアメブロでブログを書いていましたが、Twitterもオススメです。思いついた時に手軽に感情をつぶやけるので、とても便利だと思います。

 

同じ境遇の仲間からは、何を言われても励まされました。

何より「私は、ひとりじゃないんだ」と思えた事が、一番大きかったと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

この記事のまとめ

① 夫に愚痴を吐くと正論で諭されると悩んでいる女性が多い

② 男性から正論で返されるのは、男女の脳の違いなので仕方のない事。

③ 愚痴に対して欲しい言葉をかけてもらいたければ「同じ境遇の女性」の理解者を探そう。

④ 「同じ境遇の女性」はアメブロやTwitterなどネット上で探そう。

 

パートナーである夫に愚痴を吐けるというのはとてもいいことです。しかし、欲しい言葉じゃなくて違和感を感じている人は、もう一人くらい気持ちを吐き出せる相手を見つけてみてもいいかもしれませんね。

 

ちなみに、男性は正論で返すと言いましたが、これは悪い事ではありません。

男性の正論は誠意です。精一杯、問題を解決しようとして、このようなコミュニケーションになってしまいます。

 

妻の問題を解決しようとの思いから出る言葉なので、欲しい言葉じゃないと思って夫を嫌いになったりイライラしたりしないでくださいね。

癒される言葉が欲しければ「同じ境遇の女性」をネット上で見つけましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\毎月の保険料必要以上に高くしていない?/

✔ ずっと前に加入して内容も覚えていない保険を払い続けている

✔ 保険に加入したまま、しばらく内容を見直さずに放置している

✔ 毎月の保険料が高いと感じる

✔ 就職・結婚・出産・マイホームや車購入など最近ライフステージが変わった

 

1つでも当てはまる人は保険の見直しがおすすめ!

家族の備えは確かに必要だけど、必要以上に払い続けているのなら確実に損をしています!!

 

保険を見直すメリットは?

保険を見直すメリット

・自分たちに必要十分な保険内容になる

・不必要な保険を払わなくて済むので節約になる

 

でも、保険の相談っていろいろ面倒くさそう…。

 

「見直したいけど時間がなくてできていない」

「勧誘がしつこそうで相談できずにいる」

 

見直したいけど、いろいろと面倒くさそうで何もできず…。実は、こんな人が多いのでは?

しかし、そんな人にこそおすすめしたいのが「保険見直しラボ」です。

 

保険見直しラボがおすすめの理由

 

1.指定の場所に来てくれる&オンライン相談も可能

どこかに行く必要が無いので、家から出なくても自宅で相談OK。

むしろオンライン相談が可能なので、ちょろっと空いた時間で相談ができる

 

2.無理に契約をしない

「相談したら何か加入しないといけないのかな~?」なんて思いますが、その必要はありません。

保険見直しラボは無理に契約をすすめる事は無いので安心できます。

 

無理に契約をすすめることはありません。
お客さま自身にご納得いただき、ご契約をしていただきたいと考えております。
提案したプランが加入したいと思えるものでなければ、無理に加入する必要はありません。

引用:保険見直しラボHP

さらに、保険見直しラボは「イエローカード制度」があります。

万が一、過度な営業行為や失礼な対応があった場合、コンサルタントの変更ができるのでさらに安心!

 

3.相談は何度でも無料

保険見直しラボは保険会社から手数料を貰って運営しているため、無料で何度も相談できます。

わからない事があればたくさん質問しちゃいましょう!

 

何度でも無料で相談いただけます。
当社は保険代理店のため、保険会社から契約手数料をいただいています。そのため、お客さまから相談料をいただきません。

引用:保険見直しラボHP

\毎月の保険料必要以上に高くし過ぎていない?/

 

相談した人の口コミは?

相談した人の声

毎月の保険料が1万円も安くなった!
子供の教育資金に夫の万が一の備えは充実させたい。でも保険料の負担は減らしたい。無理な相談かなと思っていたのですが、提案いただいた内容はとても納得できて、しかも保険料まで下がって、相談して大満足でした。

引用:保険見直しラボHP

たくさんの人におすすめしたい!
お金に関する知識が豊富でなんでも相談でき、悩んでいる時も、ガツガツした営業をされることもなく、じっくりと検討出来てとても安心しました。
両親も保険を見直すタイミングが来ていたので、すぐに連絡を取り、相談をお願いしました。

引用:保険見直しラボHP

 

相談者の満足度が高い理由は?

保険見直しラボの特徴

・平均12年以上の経験年数を持つベテランコンサルタントが担当

・お客様のアンケートからコンサルタントを点数化

・失礼な対応があれば「イエローカード制度」でコンサルタントを変更可能

・約30種類の保険会社を比較してその人に合った保険をオーダーメイド

 

保険の知識がなくても大丈夫。無理な勧誘も無いし、見直しだけでなく新規加入の相談もできます。

わからないものはプロに相談するのが一番です!

この機会にわからない事をたくさん質問して、毎月かかる保険を安くしちゃいましょう!

 

\必要以上に保証を大きくし過ぎているかも…/

 

\今なら相談するだけでプレゼント/

\相談は無料!無理な勧誘なし!この機会に/

 

スポンサーリンク
おすすめの記事